[PDF 自由] 液状化現象:メカニズムから数値解析まで

拡張利用 第5章 液状化の発生予測 51 設計指針簡易法による解析の流れ 52 FL値による液状化判定 53 N値に基づく液状化判定 54 海外の設計指針 第6章 液状化の発生を考慮した設計 61 地中構造物に作用する力 62 液状化に伴う力学特性の変化 63 FL値による液状化判定 53 N値に基づく液状化判定 54 海外の設計指針 第6章 液状化の発生を考慮した設計 61 地中構造物に作用する力 62 液状化に伴う力学特性の変化 63 64 浮き上がり 65 液状化被害予測 第III部 液状化の数値解析 第7章 地震応答解析の流れ 第8章 有効応力地震応答解析に用いる力学モデル 81 全ひずみモデルによる非線形特性 82 ダイレイタンシーモデル 83 弾塑性モデル 84 ジョイント要素 85 引張破壊 86 過剰間隙水圧の消散と地盤の沈下 第9章 液状化解析手法 91 液状化解析の基礎式 92 有限要素法への定式化 93 #境界条件 各種手法の適用性と比較 95 体積ロッキングとその回避 96 減衰特性 97 #94 各種手法の適用性と比較 95 96 減衰特性 97 98 液状化に伴う流動の解析 第10章 数値解析例と精度 101 精度評価の方法 102 一斉解析ブラインドテストによる比較 103 比較解析の評価 索 引. 液状化現象:メカニズムから数値解析まで

Read & Download 液状化現象:メカニズムから数値解析まで

本書は、液状化を詳細に解析する際に用いられる地震応答解析について、土質力学や、液状化のメカニズムと力学特性から説明した実務書である。 構成 ●第I部現象の理解 解析に先立ちまず必要なのが、現象の理解。ここでは、液状化に伴って生じる周辺の現象も含めて現象を考え、理解に必要な土質力学の基礎についても説明する。 *●第II部予測と対応 設計において考えなければならないのが、液状化の予測と、発生後の構造物側での対応。ここでは、設計指針に基づき予測する場合の解析の流れを示し、つづけてFL法などの各種方法を解説する。また、構造物側での対応を考えるうえで必要な事項として、液状化した際に構造物に作用する力の概要、液状化によって変化する力学特性などを説明する。 ●第III部解析 地震の挙動を追跡する地震応答解析。ここでは、解析の流れを示し、つづけて土の力学特性のモデル化、有限要素法などで解析するための運動方程?. *設計において考えなければならないのが、液状化の予測と、発生後の構造物側での対応。ここでは、設計指針に基づき予測する場合の解析の流れを示し、つづけてFL法などの各種方法を解説する。また、構造物側での対応を考えるうえで必要な事項として、液状化した際に構造物に作用する力の概要、液状化によって変化する力学特性などを説明する。 ●第III部解析 地震の挙動を追跡する地震応答解析。ここでは、解析の流れを示し、つづけて土の力学特性のモデル化、有限要素法などで解析するための運動方程?. ??の作り方、解法を説明する。 著者の長年の経験をもとに、実用的な面を重視してまとめられた、エンジニア必読の書。 【目次】第I部 液状化の理解 第1章 液状化研究の歴史 11 液状化研究の始まり 12 1964年以前の研究 13 黎明期の液状化研究 14 それ以後の流れ 第2章 液状化により生じる現象 21 噴砂噴水 22 沈下不同沈下 23 浮き上がり 24 地盤変状に伴う被害 25 液状化に伴う流動側方流動 26 27 液状化の地震記録 第3章 液状化現象の理解のために必要な基本用語と知識 31 土の変形挙動 32 室内試験と原位置の挙動 そのほかの諸量 34 液状化に関係する用語 第4章 41 液状化ひずみ 弾性係数 43 繰返しせん断特性 44 液状化強度 45 液状化発生前後の砂の挙動 #そのほかの諸量 34 液状化に関係する用語 第4章 液状化のメカニズムと力学特性 41 液状化ひずみ 42 弾性係数 43 繰返しせん断特性 44 液状化強度 45 液状化発生前後の砂の挙動 上下動による液状化 47 液状化した土は液体か固体か 48 過剰間隙水圧の消散 49 液状化に伴う流動 410 浮き上がり 第II部 設計指針に基づく液状化予測とその背景.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *